焼きそばネコぶらり旅・再び

【FF11 FFXI】 爽やかさんとネコは現実逃避 【ぶらり日記】


書こう書こうと思いつつ、溜まっていくのがネコブログ・・・orz




前回めでたくぱーちーぼーいさんの限界2が終り、
これでようやくレベルが上げることができるようになりました。

そんなわけでさっそくレベル上げにいくことに。
ネコもアンコックに着替えて、ジュノで待ち合わせ。

しかし平日の真昼間、球出ししてる人がほとんど見当たらず・・・。


ぱーちーぼーいさんが香港にいた時は、日本との時差は1時間ほど。

あまり気兼ねなく一緒に遊べたのですが、

カナダだと時差+10時間ほど。


日本が午後2時だと、向こうでは夜の10時。
狩りに3時間行ったとすると、もう夜中の1時に・・・。


あまり時間を無駄にはできません。


一時間ほど沸き待ちしていましたが、面白いぐらいに沸きません。


あんまり時間を無駄にしたくないので、今日は泣く泣く狩りを中止にすることに・・・。


そのあとぱーちーぼーいさんが船で釣りをするというので、ネコも連れてってもらいました。

最近はフナばっかり釣ってるので、スキル上げのための釣りとか全然やってません。
そんなわけで、釣りスキルはいまだ55.8のまま。

久々にスキルが上げられそうです。

しかし、ネコは船釣りほとんどしたことありません。


なんでかってーと、真っ白な雲とか、真っ青な海とか、心地よい潮風とか、


そーゆー健康的なものが

ネコは大っ嫌いだからです


・・・ええ、歪んでますねぇ、ヒネくれてますねぇ。


薄暗いジャグナーでフナ釣りとか、雨がしとしと降るロランベリーでフナ釣りとか

ツェーン鉱山のドブ川でフナ釣りとかは好きなのですが・・・。


昼間からカーテン締め切った、

真っ暗な部屋の隅っこのほうで、

頭から毛布をかぶって、

モノクロのディズニー映画を虚ろな眼で眺めながら、

ヘッドフォンでミニマルミュージックとか聴いてると、


すごく落ち着くよね?


(※ここで、うんそうそう!とか思った人はもうそろそろやヴぁいです。

 まず外に出て、お日様の下でラジオ体操とかをオススメします。)


おいら 「船釣りってあんましたことないけど、餌は何がいいのかな?」

ぱーちー 「えむでさんの釣りスキルなら、ブリの切り身がいいと思うよ!」


ほうほう、何が釣れるかさっぱり分からないけど、とりあえず競売で買ってみるか。

さっそく競売へ走るネコ。


ぱーちー 「あ、競売にブリの切り身売ってないや >_<」


おおう、わざわざ見てくれたのか。


ぱーちー 「ちょっとスキル高めだけど、代わりに肉ダンゴを試してみなよ!ボクの分けてあげるよ!」


うわ、すまんです・・・。それおいくらだろう?


ぱーちー 「タダでいいよ、これボクが作ったから安いんだ^^」


あの、すみません、


なんでこの子は

こんなにも爽やかなのですか?


雨の日に青々としてるコケを眺めたり、

アリンコが餌をいっしょうけんめい巣まで運んでるのを見てたりして

一日が終わってしまうおいらとはえらい違いなのですが。



さて、爽やかなタルタルさんと不健康なネコさんは、さっそく船に乗るためにセルビナへ。


船待ちの間に、正月のイベントで貰った変身ベルトでウサギになって遊んでると、

なんとモドキさんぺしぇさんに遭遇。

しかもモドキさん、

おいらを食べたそうにこちらを見ています。


待ってください、モドキさん。


この中身はネコですよ


まあ、おいらの(胃の)中には(消化しかけた)焼きそばは入ってるかもしれませんが、

基本的に美味しくはないと思います。


だからヨダレは拭いてください


船内で、生まれたての子犬のようにブルブル震えて出向待ちしていたら、

モドキさんから人参もらいました・・・。


ふぃぃ・・・どうやら見逃してもらえそうです。


おいらが丸々肥えるのを待っているのでなければいいのですが・・・。


船が出港したので甲板へ。

扉を開けるとタコがうにょうにょしてます。

ウィンからFF始めると、本格的なPTを組むためにセルビナへ行くわけですが、
低レベル唯一の交通手段である船に乗ると危険がいっぱいなのですよ。
とくにこのタコ。何度絡まれて死んだことか・・・。


この船にもそんな人がいるかもしれない。


泣く泣くHPに戻ったらウィンダス森の区という哀しさを、
背負ってしまう人がいるのかも・・・。


ネコ居ても立ってもいられません。

目の前で乗客が襲われても、眉一つ動かさないという

保全義務をまったく無視した船長に代わってッ!

船旅の安全はおいらが守るッ!!


不意打ちかましていざ突撃!


どりゃあああああッ!


つーか、不意打ち一発で倒しちゃうねっ


どりゃあああああッ!!


とたんにタコくるりと振り向き、ネコに襲いかかってきます。


あら?

いまこいつ、自分から襲ってきたな・・・。

このレベルで絡まれるはずは・・・。

Ctrl+C をぽちっとな(←敵の強さを調べる)


--- シーホラーの強さは計り知れない。 ---


( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

 

--- シーホラーの強さは計り知れない。 ---


(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ



--- シーホラーの強さは計り知れない。 ---


  _, ._
( ;゚ Д゚) ?!



/sh シーホラーやんけぇぇッ!!!



てっきりふつーのタコかとネコは、ネコは・・・ orz~


つーか、勝てるのか、これ・・・。

けっこー強いって聞くぞ、これ・・・。


おいら 「ぶっちゃけ、ちょっとビビってます・・・」

モドキ 「ためらいなく突っ込んだので、かっこいい!と思ったのにw」



□~ <カッコ良いところ見せようとして、シーホラーだったのは想定外。



と、思ったら意外に避けられるな。

攻撃も遅いし、これなら空蝉の張替えミスらなければ余裕っぽい。


くくく・・・。


海の恐怖もこんなものかッ!!!!!


弱いと分かればネコは強気。


ふぅぅははははぁははぁぁッ!!!



--- シーホラーは百裂拳を発動! ---


うおおお、空蝉が一瞬で剥がれたっ!?

は、張り替える間がないぞ!


こんな時こそスリプルボルトだっ!!!


6発ぶち込んでも眠らねぇぇぇ orz




・・・・・・・・・・。




ちくしょおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉッ!!!!!!!


またブログが


死にネタなんていやだぁァァァッ!!!









































ああ、お空がとても澄みわたってて綺麗だなぁ・・・。









































あはは、太陽がまぶしいや・・・・・・。












































潮風がとても心地いいなぁ・・・・・・・・・・。












































ぱーちー 「えむでさんにケアル!!!」


うわ、あぶねぇ!?


いまおいら、

すっごい現実逃避してた? してたよね!?


ぱーちーぼーいさんや、ギャラリーのみなさんから援護ケアルをもらって息を吹き返したネコ。

なんとかシーホラー撃退できました。

ドロップはシャル貝五月雨脚絆でした。



人騒がせなネコのシーホラー退治も終わって、本来の目的の釣りを開始。

c0017753_321187.jpg


しかし、やっぱりスキルが足りないのかさっぱり釣れません。

ぱーちーぼーいさんが見かねて、エビダンゴを作ってくれました。

これでネビムナイトを釣れば、
スキルは上がらないけどお金にはなるとのこと。


その後、船便1往復でネビムが五つ釣れ。

スキルは上がらなかったけど、これで紙兵も作れるしよしとしよう・・・。

だいたい命があっただけでもめっけもんだ・・・。


ぱーちー 「ボクもネビム釣っておいたからあげるよ^^ はい、1D半!」


さすが釣りスキル90台。格が違う・・・。

つーか、おいら今日は貰ってばっかだな・・・。


しっかし、なんでこの子は

こんなにも爽やかなのだろう


おいらと違う生き物みたいだ・・・。

少しおいらにも、その爽やかさを分けてください orz
[PR]
# by emdyem | 2005-01-26 18:53 | ぶらり日記